2020年10月23日から発売を開始した最新型iPhoneである「iPhone 12」ですが、今回はなんと同日発売のiPhone 12 Proに加え、iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxを含む4モデルの展開となります。

しかし、iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxは発売日が違います。今回は、片手でも扱いやすいコンパクトサイズで人気を博することが予想されるiPhone 12 miniにスポットを当て、発売日や価格、スペックを紹介していきたいと思います。

iPhone 12 miniの発売日・取扱いキャリア・価格は?

まずは、iPhone 12 miniの気になる発売日や取扱いキャリア、価格について紹介していきたいと思います。

11月6日予約開始! 発売日は11月13日

iPhone 12 miniは、iPhone 12から遅れること約2週間、11月6日午後10時(日本時間)に予約を開始、発売日は11月13日を予定しています。こちらは、今回の4モデルの中でも最上位モデルとなるiPhone 12 Pro Maxも同様です。

気になる価格と取扱いキャリアは?

iPhone 12 miniに限らず、今回発表された4モデルのすべてを、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアが取り扱うことを発表しています。

残念ながら、この記事を作成時点(10月中旬)では予約が開始していないこともあり、各キャリアの販売価格は不明です。しかし、アップルの公式サイトによると、iPhone 12 miniは64GBモデルが税別で7万4800円、128GBモデルが7万9800円、256GBモデルが9万800円となっているので、この価格が目安となるでしょう。

気になるのはやっぱりサイズ? iPhone 12 miniのスペックは!?

ここからは、iPhone 12 miniのスペックについて簡単に紹介していきたいと思います。とはいっても、iPhone 12 miniのスペックは、サイズを除いてほとんどiPhone 12と同じとなっています。

約5.4インチのコンパクトサイズは世界で1番小さい?

iPhone 12 miniのディスプレイサイズは約5.4インチで、本体は高さ131.5mm✕幅64.2mm✕厚さ7.4mm、質量133gとかなりコンパクトで軽量です。5G通信に対応したスマートフォンとしては、なんと世界で最も小さく、薄く、軽いとのこと。片手での操作性にも期待ができますね。


豊富な5色のカラーバリエーション! ケースにも期待

iPhone 12/12 miniには、ブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED・グリーン・ブルーの5色が用意されています。iPhoneシリーズといえば、あまりカラーバリエーションは豊富ではないイメージもありますが、5色展開によってより多くの人が自分好みの製品を見つけられるようになったのではないでしょうか。

また、iPhoneシリーズの特徴ともいえるのが、豊富な保護ケースが家電量販店や雑貨店に並ぶことです。コンパクトなサイズを活かした、使い勝手のいいケースが販売されることにも期待したいですね。

詳細スペックはiPhone 12とほぼ同様! 違いは?

前出の通り、サイズ以外の詳細スペックはiPhone 12とほぼ同じになっています。コンパクトサイズだからといって、性能がグレードダウンしていないのは嬉しいポイントです。

超広角と広角の2眼レンズを搭載したカメラ性能や最新の高性能チップセットであるA14 Bionicの搭載までiPhone 12と同じなのですが、サイズや質量を除いた唯一の違いはバッテリー容量です。具体的なバッテリー容量は公表されていませんが、iPhone 12がビデオ再生最大17時間、ビデオのストリーミング再生最大11時間、オーディオ再生が最大65時間なのに対し、iPhone 12 miniはビデオ再生最大15時間、ストリーミング再生が最大10時間、オーディオ再生が最大50時間となっています。

本体を小型化したことで、搭載できるバッテリーの容量も減ってしまう点に関しては、スマートフォンの構造上ある程度仕方ないことなので、割り切って使うのが良いでしょう。

※データは2020年10月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではあ
りません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。
  
文/佐藤文彦

引用元:https://dime.jp/genre/1013075/