台湾DigiTimesがサプライヤーから得た情報として、2022年に発売される新型MacBook AirにはミニLEDバックライトが搭載されると報じました。

2022年にMacBook AirもミニLEDバックライト搭載か

DigiTimesによれば、Appleは2021年に12.9インチiPad Proと11インチiPad Proおよび16インチMacBook ProにミニLEDバックライトを搭載、2022年には同バックライト搭載機種をMacBook Airにも拡大するとのことです。
 
TF Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏は、2022年に現行のM1チップ搭載MacBook Airよりも安い、ミニLEDバックライトを搭載する新型MacBook Airが登場すると予想していました。

これまでの噂との違い

これまでは、ミニLEDバックライトを搭載する新型12.9インチiPad Proが2021年3月に発売され、11インチiPad Proは有機EL(OLED)ディスプレイを搭載して2022年に発売されると予想されていましたので、今回のDigiTimesの情報では11インチiPad Proに採用されるディスプレイの種類が異なることになります。
 
また、ミニLEDバックライトを搭載した新型14インチMacBook Proが発売されるとの予想もありますが、DigiTimesはその点も記していません。
 
Source: DigiTimes 
Photo:Wccftech

引用元:https://iphone-mania.jp/news-338701/

<以下反応>

どっちでもいいから、メモリ128GBまでをサポートしてください。

ミニじゃなくてマイクロじゃなかったの?

コスト的に大丈夫なんかな… 2年切ってる割には普及していないので疑問ね