2020年末に発売されたiPhone 12シリーズの売上が全体的に好調ななか、iPhone 12 miniだけが伸び悩み「アップルを失望させた可能性が高い」との調査結果が報じられています。

米調査会社CIRPのレポートによると、iPhone 12モデルは発売直後の10月~11月に新規iPhone販売の76%を占めたとのこと。iPhone 11シリーズの2019年第4四半期(10~12月)での売上は69%に留まったとの調査もあり(それでも好調でしたが)期間が異なるために単純に比較はできませんが、最新モデルはおおむね成功していると言えそうです。

ちなみにアップルは自社製品の販売台数を非公表としているため、これら数字は「CIRPがそう推定している」に過ぎません。CIRPの調査結果は次のグラフの通りです。

CIRP

iPhone 12シリーズのうち最も売れたと見られるのがiPhone 12ですが、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxもおよそ同じ比率(約20%)となっています。対照的に2019年にはiPhone 11販売が約39%と飛び抜けていましたが、2020年モデルではLiDARスキャナを備えたProモデル人気が際立っていることを反映しているのかもしれません。

これとは対照的に、iPhone 12 miniはiPhone総販売台数(2020年10月~11月)の約6%しか売れなかったとの推測も伝えられています。CIRPパートナーで共同創業者のマイク・レビン氏いわく「アップルを失望させた可能性が高い」とのことです。一応はiPhone 11や第2世代iPhone SEのシェアをわずかに上回っていますが、他のiPhone 12シリーズとほぼ同じ機能を小さな筐体に詰め込んだ新鋭機としては満足のいく結果ではないでしょう。

つい最近もNikkei Asian Reviewは、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxが予想以上、iPhone 12が予想通りに売れている一方で、iPhone 12 miniだけが少し低迷しているとの観測を伝えていました。

日本ではコンパクトで持ちやすいiPhone 12 miniは売れるとの期待もありましたが、少なくとも世界的には、有名アナリストMing-Chi Kuo氏の「iPhone 12 miniは最も安いが画面が小さすぎて大衆市場にアピールできない」という予測が当たってしまった模様です。

2021年のiPhone 13(仮)シリーズでも5.4インチモデルは存続するとの噂が有力ですが、手のひらサイズを愛好するユーザーは、2022年以降に後継モデルが出るかどうかが気がかりになりそうです。

Source:9to5Mac

<以下反応>

日本では相当売れると個人的に予想していましたが、世界的にはminiはかなり売れていないので、13ではminiが無くなるかもしれないね(勝手な予想)

そうなのね….. 自分も最終miniのつもりだったけどバッテリー容量とかで結局普通の12にしたしな。

miniを欲しがる人の声は大きかったが数は居なかった

そうなの?mini最高やけどなー

このサイズ感めっちゃ気に入ってるんだけど、もう後継が出ることはなさそうだなw