先日、脆弱性を修正したiOS14.4.2およびiPadOS14.4.2がリリースされたのに伴い、それ以前のバージョンであるiOS14.4.1へのダウングレードができなくなりました。

iOS14.4.1へのサインインを停止

Appleは現地時間4月2日、iOS14.4.1へのサインイン(署名)を停止しました。
 
Appleは現地時間3月26日に、WebKitの脆弱性を修正したセキュリティアップデートであるiOS14.4.2およびiPadOS14.4.2をリリースしています。

3月に2回のセキュリティアップデートを実施

現地時間3月8日にリリースされたiOS14.4.1およびiPadOS14.4.1も、WebKitの脆弱性を修正するためのセキュリティアップデートでした。
 
つまりAppleは3月中に2回、WebKitの脆弱性を修正するためのアップデートを行っていることになります。
 
次の正式版リリースは、おそらく現在ベータ6が公開中のiOS14.5になると思われます。


Source:9to5Mac

引用元:https://iphone-mania.jp/news-358064/

<みんなの感想>

アップグレードしてセキュリティが改善されるなら躊躇する事はないと思います。

それでもアプリにはWebkitベースのやつ多いからアプデしとけ。 何されるか分からん。 動かなくなったアプリがあったらヤベェやつだったのかもな。

例のWebKitの件だし仕方ないのか。