2021年秋の発売が見込まれる「iPhone13 Pro」のモックアップ(模型)をもとに、画面上部のノッチ(切り欠き)の幅が従来モデルと比べて縮小するようだ、とMacお宝鑑定団Blogが報じています。

外観はiPhone12 Proとほぼ同じでノッチの幅が縮小か

iPhone13 Pro

6.1ディスプレイの「iPhone13 Pro」のものとされる、3Dプリンタで製作したモックアップを入手したMacお宝鑑定団Blogは、ディスプレイ上部のノッチ(センサーが格納されるエリア)の大きさが、高さは5.30ミリから5.35ミリとわずかに増加し、幅は34.83ミリから26.80ミリと縮小するようだ、と伝えています。
 
ノッチの幅は、iPhone12 Proからおよそ23%縮小する計算となります。
 

 
同メディアによると、本体サイズ、背面カメラは、iPhone12 Proと「iPhone13 Pro」は共通になるとのことです。

著名アナリストもノッチの縮小を予測

iPhone13シリーズのノッチが小さくなるとの情報は、Apple関連の精度の高い予測で知られるTF Seciritiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏が3月初めに発表した情報と符合します
 
クオ氏は、iPhone13 Proシリーズには120Hzリフレッシュレートのディスプレイが採用される、とも述べています。
 
このほか、新色としてマットブラックやブロンズが追加されるストレージ容量1TBのモデルが追加される、などの噂があるほか、最近になってiPhone13シリーズの仕様が確定したとの情報もあります。
 
Macお宝鑑定団が公開した動画はこちらでご覧ください。

Source:Macお宝鑑定団Blog

<みんなの感想>

23%縮小で何が変わるのか? 本来、問題となっているのは「ありかなしか」ではなかったのか?

大きいより小さい方が・・みたいに問題のすり替えが行われていないか?

ノッチの幅縮小!(表示されるコンテンツに変わりなし) これなんか意味ある…?